開業資金は?

スポンサーリンク

デントリペアの必要な開業資金は?

開業資金がどれくらい必要かということは一番気になることかもしれません。
独学・スクール・フランチャイズ等、どういう手段で技術を習得するかで必要な予算は変わってきます。
ここでは、もっとも一般的なスクールで研修を受けて、出張専門で開業する場合をモデルケースとして紹介したいと思います。

 

デントリペアスクールで開業希望の方が最も多く選択するのが3〜4週間のコースです。
スクールによって費用は様々ですが、だいたい160万円〜200万円くらいです。
3〜4週間コースの場合、デントリペア用のツール(道具)込となっています。
仮に、ツール類を別途自分で購入する場合約30万円〜です。

 

デントリペア用ツール以外にドライバー・ラチェット等の一般工具が必要となります。これらをそろえるのに15万円程度必要となります。

 

出張施工ですので営業車(サービスカー)が必要になります。ここでは、中古車50万円としておきます。

 

これら合計で、225万円〜245万円程度となります。

 

その他、携帯等の通信機器・名刺代等が必要になります。
また、スクールが自宅から通える距離にないばあい、スクール受講中の宿泊費等が必要となります。

 

店舗費用やフランチャイズのロイヤリティ、また、在庫も不要なため、
初期費用・毎月の固定費が安く済むのもデントリペアで開業する方が多くなる理由のひとつです。
(消耗品代が少しかかりますが、養生テープ等くらいです。)

関連ページ

異業種でも大丈夫?
デントリペアで独立・開業を考えている方へ、異業種から独立開業することについて、現役デントリペア職人が説明します。
将来性は?
デントリペアで独立・開業を考えている方へ、現役デントリペア職人がデントリペアの将来性を説明します。
店舗は必要?
デントリペアで独立・開業を考えている方へ、現役デントリペア職人がデントリペアで開業する場合に店舗が必要か説明します。
年齢は?女性は?
デントリペアで独立・開業を考えている方へ、デントリペアで開業する場合の年齢に関すること、女性でも大丈夫かを、現役デントリペア職人が説明します。
地域差は?
デントリペアで独立・開業を考えている方へ、デントリペアで開業する際の地域差を現役デントリペア職人が説明します。